log log Blog  

ログ ログ ブログ

音楽

【Jazz】【リラックス】 Autumn Leaves  ビル・エヴァンス(Bill Evans)

投稿日:2019年9月16日 更新日:

 

Bill Evans Trio – Autumn Leaves

 

 

 

 

 

 

ビル・エヴァンスBill Evansアメリカ合衆国出身のジャズピアニストです。(1929年8月16日〜1980年9月15日)

51歳の若さで亡くなってしまいました。

幼少の頃から音楽好きの父よってピアノとフルートの教養を受けました。

ビル・エヴァンスの繊細で美しいメロディーは、ドビュッシーやラベェルなどのクラシックの影響を受けています。

ジャズに興味を持ったのは10代の頃です。バド・パウエルナット・キング・コールなどを聞いていたとのこと。

その後、ニューオリンズにあるサウスイースタン・ルイジアナ・カレッジに入学し、フルートとピアノを習い音楽教養の学位を得ます。

ピアノトリオとして活躍

今までのピアノトリオは、ピアノが中心でベースとドラムが前に出ることはありませんでしたが、ビルエヴァンスのピアノトリオは今までにない、3つの楽器が同時に即興音楽を行う演奏を実践しました。

スコット・ラファロがベーシストとして加入

ここでビル・エヴァンスの最高傑作と言われている

Portrait In Jazz」「Explorations 

Waltz For Debby 」「Sunday Night at The Village Vanguard 

Riverside4部作」が作成されます(19591961

この4部作はどれも素晴らしいのですが、「Waltz For Debby 」が特別有名です。

スコット・ラファロのベースは、今までのベースの演奏とは違ったアプローチをし評価を得ました。

しかし、このライヴ盤を録音した10日後に、25歳の若さで事故死してしまいます。

マイルス・デイビスの「kind of blue」に参加。

マイルスは、ビル・エヴァンスの演奏が気に入り、肌の色から批判する人がいる中バンドに入れました。 

しかしわずか1年ほどで脱退。 やはり一人だけ白人だったので、黒人のメンバーから嫌がらせや、一部のファンからのバッシングに耐えることができなかったようです。

しかしマイルスは、アルバム「kind of blue」の制作に当たって、ビルエヴァンス を呼び戻します。

新しいジャズを作りたかったマイルスにはビル・エヴァンス が必要だったようです。

このアルバムの中の『Blue in Green』はビル・エヴァンス が作った曲です。

 

 

-音楽


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Deep House】【運動用】 Basile – Infinity (Monoteq & Grisha Gerrus Remix)

Basile – Infinity (Monoteq & Grisha Gerrus Remix)  

アランウォーカー

    ・誰でもできるようなシンボルを作り、パーカーとフェイスマスクを持っているのであれば誰であってもすぐに『ウォーカー』になることができ、僕たちはすべて平等だ!   ・ …

【リラックス音楽】 Jack Johnson- Never Know  オアフ島

  Jack Johnson- Never Know     僕の好きなジャックジョンソンはハワイのオアフ島の出身なので オアフ島について調べてみました。   …

【リラックス音楽】Colbie Caillat-Bubbly

    Colbie Caillat-Bubbly 今回オススメするのはColbie Caillat(コルビーキャレイ)です。   ・しばし女性のジャックジョンソンと言わ …

【Surf music】【リラックス】 Better Together- Jack Johnson

  Better Together- Jack Johnson       ●少年期をハワイの海と”サーフィン”サーフィンの中に過ごし、 …