log log Blog  

ログ ログ ブログ

映画

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

投稿日:

 

 


シェフ 三ツ星フードトラック始めました

 

疲れて落ち込んでる時にオススメです。

憂鬱な気分の時や落ち込んでる時に見ると元気が出る映画ですよ!

 

まず登場人物に嫌な人がいなくて、

みんなおもしろく優しい性格をしています。

 

波乱なシーンもありますが、全体的にパッピーな気持ちで見れるのは、登場人物が明るいからなのかもしれないですね!

撮影現場もとても楽しかったらしく、ジョン・ファヴロー はおそらく10キロ以上太ったと自ら語っていました。

 

個人的には、ジョン・レグイザモが演じる元部下であり親友のマーティンのキャラクターが好きです。

気さくでいい奴、しかもフードトラックをタダで手伝ってくれます。こんな友達と一緒に働けたらいいですよね!

 

また、この映画ではSNSを使って物事がいい方向に向かったり、悪い方向に向かったりします。

 

SNSに関しては中年より、若い世代が詳しいので、父親よりも子供の方が上手く使ってしまいます。

このSNSによって何が起こるかもこの映画の見どころですよ。

 

 

ただこの映画は、ダイエット中の人は見ない方がいいかもしれません。

食事と料理のシーンに力が入っていて、見ていてとにかくお腹が空きます。

食べている音や料理している時の音は聞いているだけでお腹が空きます。

 

あと包丁の手さばきやフライパンの使い方などもカッコいいので見る価値がありますよ。

「即興的なシーンも多かったが、撮影1か月前から、あるレストランでシェフの修行を積んだ。

その間はできる限り、分の手を切ったり、やけどしたりしないように学んでいた。それから本作のコンサルタントでアメリカを代表するシェフ、ロイ・チョイに、本格的な調理法を教わった」

 

料理の技術は、ジョン・ファヴローが自ら修行して身につけたとの事なので、ここも見どころです。

 

 

ジョン・ファブロー

アイアンマンのトニースターク役で一躍有名になった 「ロバート・ダウニー・Jr を引き抜き、アイアンマン1を大成功に導いた監督です。

ロバートダウニーは 麻薬中毒で何度か捕まっでおり、映画業界では危険な人物として思われていましたし、

制作会社はもっと若い人を使いたいということで、アイアンマンのトニースターク役にロバートダウニーを使う事を反対しました。

しかしジョンファブローだけは、トニースターク役はロバートダウニーしかありえないと言って、猛烈にプッシュしたのです。

ジョン ファブローが監督した「アイアンマン」は、原作ファンと評論家の双方から絶賛され、興行的にも大成功を収めました。

しかしその後に作られた「アイアンマン2」は評論家から「金儲けの映画だ!」と大バッシングを受けました。

また翌年の『カウボーイ & エイリアン』という映画が公開されたのですか、この映画の制作はプロデューサーの言われるがままにつくり、評価も悪く大コケしてしまいます。

この出来事がキッカケとなり、「アイアンマン3」の監督をおり、自分の作りたい映画を作りたいと 、『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』を製作します。

そして『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は、異例の大ヒットを記録します。

-映画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イコライザー

  イコライザー   主人公はとても几帳面な性格をしていて、カフェでもコップやスプーンを同じところに置く、キッチンの水を拭くシーンなどとても丁寧です。 また職場の人ととの絡みもふざ …

ジョン・ファブロー監督 ライオンキング アイアンマンなど 

ジョン・ファブロー アイアンマンのトニースターク役で一躍有名になった 「ロバート・ダウニー・Jr」 を引き抜き、アイアンマン1を大成功に導いた監督です。 ロバートダウニーは 麻薬中毒で何度か捕まっでお …

ボヘミアン ラプソディ 映画

「ボヘミアン ラブソディ」を観てきました。 感想をいうと、最高に感動する映画です。 特に最後の「ライブ・エイド」の 迫力ある演奏には圧倒されました。 この映画は必ず映画館で観るべきだと思います。 ただ …